2012年05月28日

投資のノウハウを探求

投資のトレードはつまり心理戦です。いかに冷静さや意欲を維持できるかがホントに大事なのです。

どっちにしろ損失を埋めようとばくちに出るのは典型的な負け投資家ですから、注意してくださいね。

できれば外国為替保証金取引だけでなく、他のいろいろな投資のノウハウを探求するのもずい分有効ですので大切かなと思います。

どっちにしても、休みも相場と言って、レートの予測ができそうにない時は、無理に取引しないのも技術です。

本日のお薦めFX情報はゴールデンスパイダーFX イサム 内容です。

ところがシステムトレードを使用すれば、感情をはさまずにオーダーできるので無用な恐怖を抑えられますが、必ず間違いなく稼ぐという保証はないのです。

FX では税金対策も一考しましょう。

公設市場の取引所で行われる「くりっく365」なら、税率は一律20%なので有効ですね。

マージン・コールやストップ・ロスになったら脅威ですので、多目に推移を予見して最低限の施策は必要です。

現在は堅調な経済と豊富な資源という考え方から、カナダドル(CAD)もポピュラーとなっていますから、熟慮したいところです。

posted by FXの独り言 at 11:00| Comment(0) | FX日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

決断力が必須

前もって決めた利益確定基準や損失確定ラインに到達したら、直ぐ機械的にポジションを解消する決断力が必須ですね。

リスク因子の管理をそれほどしないでポジションを持ってしまうと、相場のボラティリティーに振り回されて損失を拡大させてしまいますので、警戒ですね。

たいていの場合、相場の流れに追従していくMACD(マックディー)と、カレンシーの振幅を計測するスローストキャスティクスを使い分けることは効果的です。

もし暴落して損失になったら、ポジションは直ぐ損切りを行うのがいいと思います。

戻すかもしれないという変な安心は暴落時には持たないように。

おすすめのFXサイトはFXスキャルピングの最終型「PF-MAX」 大野勝昭 内容です。

いずれにせよ、よく知らない国の通貨や、情報量が相当少ないカレンシーに投資するのは投機と同じでリスクが大きいです。

理想としては、取り引きする通貨のクセのようなものもきっちりチェックする必要があります。

どっちにしてもロスを埋めようと投機に出るのは代表的な負け投資家ですから、警戒してくださいね。

外国為替証拠金取引取引で収益が出た場合には雑所得として確定申告が必要なことがありますから、認識しておいたほうがよいわけです。







タグ:FX 日記 投資
posted by FXの独り言 at 10:38| FX日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

潜在的なリスク

意外なノウハウかもしれませんが、場合によっては取引をしない時を作るのも、潜在的なリスクをミニマムにするという意味では意味のあることです。

注意すべきことは、少しずつ稼ぎ出すとレバレッジを上げてみようという間違った戦術です。

これは怖いです。

理想としては、取り引きする通貨のクセのようなものもちゃんと見直しする必要があります。

本日のFXサイト情報はFXソルジャー 伊藤義真 内容です。

それと順張り系の指標は、ボックス相場ではメリットのあるシグナルを出しませんので、それならば逆張り系を活用するとよいでしょう。

ビギナーの現状は、稼ぐことに意識が行きすぎ、リスク思考を持続できないわけです。

大損は敬遠することができるという観点を重要にしてください。 FX でおおきくロスを出すトレーダーの性質は、要因なく相場がリカバリーするだろうという期待を抱くことですね。

ロスカットは重要です。

ほとんどの場合、FXのトレードではロスが出たときに冷静さをきっちりキープすることは相当大切なのです。

プロフィットを増加していくのに大事なことですが、一度決めた投資期間は変更しないくらいの気負いがなければいけませんね。






posted by FXの独り言 at 22:17| FX日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

心理戦です

利確した後になって意外に上昇し続けた場合、もっと儲けることができたのに、と後悔して意欲が下がりますが、傾向を読み損ねたということですね。

投資の売買は言い換えれば心理戦です。

いかに冷静さや意欲を継続できるかがホントに大切なのです。

重要なことは、どんな戦法でも儲けも出ますし損失も出るということですから、留意しておきましょう。

ちなみに、大切ですから覚えておいて欲しいのですが、金利が上がればカレンシーも上がるという性格を持っています。

大きな取引ばかりを行うのはリスクが大きいですから、比較的小さい金額で自分の型を留意しながらトレードを行うのもいいはずです。

異なる期間の移動平均線が交わるところは、流れが転換する様子を示すもので、ゴールデンクロスやデッドクロスと呼びますから、注意してください。






posted by FXの独り言 at 22:52| FX日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

自分の型をしっかりと作る

勘だけで取引きすることなく、自分の型をしっかりと作るようにして、ベストなスタンスを目指してください。

FXは運用の手法によっては、ある程度リスクと損失を抑えながら儲けを得るポテンシャルも大きいと思います。

予め決めた利益確定基準や損失確定基準に到達したら、直ちに機械的にポジションを解消する決断力が大事ですね。

相場の急変の恐怖なしになるべく安定して増やしたいという人もいますね。

そういうときには、スワップ金利で稼ぐのもFXの用法でもあるわけです。

どんなテクニカル指標も弱点がありますから、1つの指標だけで相場を予見するのは厳しいです。

2つの指標を組み合わせて予測するのが理想の使用法です。

話は変わりますが、仕事をしている方でもわりと問題なく取引きできるのも外為証拠金取引の魅力的な点でしょうか。

ユーロ円(EUR/JPY)は唯一の対円取引ですが、ユーロは大小の国が加盟しているため為替変動要因を掴みにくいという特徴があり、技量が必要です。





posted by FXの独り言 at 22:24| FX日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

大きな損失は回避


オセアニアの通貨であるオーストラリアドル(AUD)とニュージーランドドル(NZD)は、ちかごろは次々と取り引き量が増えてきた通貨だから、研究したいですね。

初級者は特に、損切りタイミングや収益確定のオポチュニティをしっかり掴んで、大きな損失は回避するようにしてくださいね。

利益、ロスを出したらその理由を明確にし、次回の売買から活かしていきたいですね。

負ける投資家の特殊性は、小さなロスが恐怖で損切りを渋ることでしょう。

間違いなく言えることは、未来の為替の展開を予測し、冷静さをキープしながら淡々と取り引きを繰り返せるかたが一番優勢だということです。

極端に高めの運用だと平静を維持するのは難しいですので、駄目かもしれないと思います。

今の市場状況は、値動きが激しい時代なので、レバレッジも低めに設定したいものです。

ところが、通貨の流動性が低めだと為替レートが本当に乱高下しやすいものですから、そのポイントは見直ししましょう。




posted by FXの独り言 at 18:53| FX日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

冷静さや意欲を継続


リターンをアップしていくのに重要なことですが、一度決めた投資スパンは変更しないくらいの努力がなければいけませんね。

投資のトレードは要するに心理戦です。いかに冷静さや意欲を継続できるかがホントに大切なのです。

何といっても、買うべきときに通貨を買って、売るべきときに通貨を売るという、オポチュニティを逃さない基本を重視することです。


今日のお勧めは北川正浩 デイトレンドFX 戦略です。


ロスが出た状態のときにこそ、型に基づいた冷静な取り引きをしないと、さらなるロスを出しかねませんので警戒です。

時折欲が出て損切りを入れなかったり市場がリカバリーするのを期待してポジションを持ち続けたりするのはそもそも危険が高いですからやめましょう。

ちなみに、トレーリングストップと言って、値動きに合わせてストップロスのレベルも切り上げていけば、万一の危険に対しても楽観視できるのではないでしょうか。

利益確定や損失確定は直ちににした方が、要するに、確実に儲けが上がりやすいというのは一般的だといえます。

資源国であるオーストラリアの通貨であるオーストラリアドル(AUD)は、強い経済と高金利に意義 があり、ポピュラーになっています。





タグ:独り言 日記 FX
posted by FXの独り言 at 09:52| Comment(5) | FX日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

ポイントはチェック


平均的な相場の数値から急激に乖離した場合、平均値に戻ろうとして調整されますから、移動平均線を確認してみたいですね。

要は仕事で忙しいという方は、長期でトレードをするポジショントレードが意義 があると思います。

けど、通貨の流動性が低めだと為替レートが本当に乱高下しやすいものですから、そのポイントはチェックしましょう。

売買には順張りと逆張りがありますが、ゆっくりと小さな収益を積み重ねていくスタイルが目標なら、順張りがお勧めです。


今人気のFXはMaestro FX 佐野裕 初心者です。


経済指標が市場予測に比べて意外だった場合は市場の動きの予測は困難なということになるので、ファンダメンタルズ分析だけで確実に当てることは困難なということなのです。

資源国であるオーストラリアの通貨であるオーストラリアドル(AUD)は、強い経済と高金利に価値があり、話題になっています。

若干のマイナスも我慢できないというひとは、変動を完全には推定できない外為証拠金取引トレードには向いていないと言えるでしょう。

早めの損切りも根本的に重要ですが、レート急変のリスクヘッジには、両建ては有益な仕方なのでしょう。






タグ:独り言 FX 日記
posted by FXの独り言 at 17:51| Comment(0) | FX日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。